トップページ講座 > 川上 昌裕

講座

このページでは、各地で開催している講座の日程や内容を紹介しています。「申し込みPDFはこちら」をクリックすると、参加申込書付きのご案内を見ることができます。こちらで内容の詳細をご確認ください。

※このページの参加申込書付きのご案内をご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、Adobe社のホームページよりダウンロードして頂きますようお願いします。

川上 昌裕

川上 昌裕

東京音楽大学ピアノ演奏家コース、及びウィーン・コンセルヴァトリウムを首席で卒業。

マリア・カナルス国際コンクール上位入賞。NHK − FM『FMリサイタル』、『名曲リサイタル』、『名曲アルバム』などテレビやラジオの放送出演多数。 これまでに、オーストリア、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、クロアチアなどヨーロッパ各地で演奏。ソロの他にソリストとしてオーケストラとの共演、ピアノデュオ、室内楽等さまざまなコンサート活動を行なっている。
これまでにCD『バラキレフ&スクリャービン』、『メトネル:ソナタ= バラード』、『メトネル:嵐のソナタ』、『カプースチン:ピアノ作品集 銑』、『カプースチン室内楽作品集 戮7枚のアルバムをリリース。 また、楽譜の校訂・編集者として出版した楽譜は15点以上。著書には『ピアニストは、進化する』(ヤマハミュージックメディア)などがある。
特に近年はロシア作曲家の研究・演奏活動が高く評価され、ニコライ・カプースチンの紹介者・演奏家としては世界でも第一人者と目されている。
2012年にピアノ協奏曲第4番の日本初演、2013年にピアノ協奏曲第6番の世界初演(東京・紀尾井ホール)、2016年にはピアノ協奏曲第3番の世界初演(東京音楽大学・100周年記念ホール)を果たしており、カプースチン作品の世界初演・世界初録音を行なった数の最も多いピアニストである。
2009年にカプースチンから作品137、138の2曲のピアノ曲を献呈されている。ピアノ指導者としても高く評価され、NHK『心の遺伝子』『クローズアップ現代』、テレビ朝日『報道ステーション』など多くの番組で紹介された。
また、全国各地で公開講座、公開レッスン、セミナー講師、講演、執筆、コンクール審査など多方面に活躍の領域を広げている。2011年より、イタリアのペルージャ音楽祭(マスタークラス)の教授陣に加えられるほか、国内外における音楽祭やピアノアカデミーにおいて世界各国の若いピアニストを指導している。東京音楽大学准教授。

  • もう止まらない!カプースチンに首ったけ!まるわかり講座

    〜“らしさ”を表現する秘訣と指導法〜

ご覧になりたい講座のボタンをクリックしてください。

■講座名 もう止まらない!カプースチンに 首ったけ!まるわかり講座

〜“らしさ”を表現する秘訣と指導法〜

■講師 川上 昌裕
■講座内容 「私、現代曲は苦手〜」という方、カプースチンの作品はそんなイメージを一新しますよ!

カプースチンは、数々の国際コンクール覇者を生み出してきたモスクワ音楽院でピアノを 専攻していました。そう、あのブーニンの大先輩なのです。
クラシックをしっかり学んだ上で、ビッグバンドジャズに魅了された彼の作風は、クラシックとジャズの間に一線を引かず、いずれのファンからも好まれており、大変貴重な存在です。そんな魅力にとりつかれた人の一人である川上昌裕は、カプースチンの楽曲の素晴らしさを世界中に拡げるべく、カプースチンに直接コンタクトをとり、時には彼の自宅に押し掛け、彼が本当に表現したかった音楽を忠実に再現するための活動を展開中です。また、より多くの人に演奏してもらえるよう、カプースチンらしさを表現するためのコツや 指導法も熟知しています。

カプースチンの楽曲は、ベートーヴェンやモーツァルトなどと同様に、今後ずっと残っていく名曲ばかりです。近年は、国際コンクールで演奏されるケースも増えており、ますますメジャーになっていくことでしょう。その時になって慌てないように、今のうちから対策を練っておくことは大事です。 ぜひ今講座を通して演奏や指導の幅を拡げてみてください。
■教材 ●使用テキスト
 「8つの演奏会用エチュード Op.40(全曲)」(ショット社)
  (注文番号:GYP00124766/定価[本体3,900円+税])
 「24のジャズ・プレリュード Op.53」(ショット社)
  (注文番号:GYP00124764/定価[本体5,100円+税])
 「ソナチネ Op.100/生誕80年記念特別版/川上昌裕による序文付(英語)」(ショット社)
  (注文番号:GYP00129417/定価[本体2,100円+税])
※価格は2017年12月時点のものです。為替の変動などにより予告なく変更されることがございますので、
ご了承ください。
ページトップへ 特集ポータルページへ