トップページ講座 > 石黒 美有

講座

このページでは、各地で開催している講座の日程や内容を紹介しています。各会場右側のアイコンをクリックすると、参加申込書付きのご案内を見ることができます。こちらで内容の詳細をご確認ください。

※このページの参加申込書付きのご案内をご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、Adobe社のホームページよりダウンロードして頂きますようお願いします。

石黒 美有

石黒 美有

名古屋市立菊里高校音楽科を経て、東京藝術大学器楽科(ピアノ専攻)を卒業。チェゼーナ国立音楽院ピアノ課第II課程(修士課程)を審査員全員一致の最高点(満点+賛辞+審査員特別賞)の成績で卒業。

大阪国際音楽コンクール、クラシックコンクール、バスティンコンクール審査員、ピティナ・ピアノステップアドバイザー。ピティナ・ピアノコンペティション審査員を務める。イモラ国際ピアノオーディション名古屋支部長。名古屋音楽大学非常勤講師。

  • ロマン派の作品指導に役立つ

    ブルクミュラー25の練習曲 徹底活用ガイド【全3回】

ご覧になりたい講座のボタンをクリックしてください。

■講座名

ロマン派の作品指導に役立つ

ブルクミュラー25の練習曲 徹底活用ガイド【全3回】
■講師 石黒 加須美 ・ 石黒 美有
■講座内容 表現の基礎はブルクミュラーにあり!
ブルクミュラーは、ショパンやシューマンと同じ時代を生きた作曲家で教育者でもあります。「ブルクミュラー 25の練習曲Op.100」は曲集として扱われることが多いですが、本来はロマン派の作品を弾くための「練習曲」 です。比較的やさしい楽曲の中に、ピアノに必要なテクニックが凝縮されており、これらを理解して弾きこな せるかどうかが、その後のピアノの上達に大きく関わってきます。
まずは楽曲の作りを分析すること。これにより雰囲気で曲を捉えるだけではなく、理論に基づいた説得力のあ る表現テクニックを身につけることができます。
『ブルクミュラー25の練習曲 ロマン派の作品の指導法(別冊解説書付き)』では、「楽曲分析を表現に活かす」 をテーマに解説しています。この講座では、楽曲分析を生徒に分かりやすく教える方法と、理論と表現を結び つけるための考え方とその指導法を解説します。

第1回 標題音楽の魅力〜なぜ楽曲分析をするの?
【曲目】すなおな心、牧歌、清い流れ、狩り、スティリアの女、バラード、心配、タランテラ、貴婦人の乗馬
第2回 ロマン派の楽曲テクニック〜バロック・古典との違い
【曲目】アラベスク、子供の集会、進歩、優美、せきれい、おしゃべり、かえりみち、つばめ
第3回 抒情的な表現〜歌い方の極意を知ろう
【曲目】無邪気、やさしい花、別れ、なぐさめ、小さな嘆き、アヴェ・マリア、天使の声、舟歌
■教材 ●使用テキスト
「ブルクミュラー25の練習曲 ロマン派の作品の指導法(別冊解説書付き)」
  (注文番号:GTP01092527/本体:2,800円+税)
●参考テキスト
 「けんばんつき おんがくのーと 2だん」
  (注文番号:GXF01091923/本体:250円+税)
 「けんばんつき おんがくのーと 4だん」
  (注文番号:GXF01091924/本体:250円+税)
 「鍵盤付き 音楽ノート 6段」
  (注文番号:GXF01093268/本体:250円+税)
ページトップへ 特集ポータルページへ