トップページ特集ポータルページ > 毎日耳トレ!

毎日耳トレ!

「集中力」「記憶力」「会話力」「空間認知能力」「観察力」がアップする!

耳トレ!って何?

耳トレ!とは音を聴きながら耳を鍛えるトレーニングです。
耳を鍛えることは「脳を鍛える」ことです。

●どんな音を使うの?

自然界にある音から、生活のなかの音まで、実際に採集した音を使っています。
・高音域が多く含まれる音
・視覚風景をイメージさせる環境音

●何をするの?

普段行わないような聞き方をすることで、脳が活性化します。
・音の速さ、強さ、音色を意識しながら聞く
・音源の方向や距離を意識しながら聞く
・音を分離して聞く

●オリジナル音楽って何?

音のプロが多くの工夫をほどこした、この本だけの音楽です。
・工夫1 耳の感度を上げるトレーニングを含む
・工夫2 集中・リラックス効果がある
・工夫3 飽きのこないメロディ、テンポ、リズム

トレーニング音源

本を見ながら毎日トレーニングを行いましょう!
できるだけイヤホンかヘッドホンを使用してください。

耳トレ!体験者の声


  • (52歳・女性)
  • 小さな音や複数の音が聞き分けられるようになって楽しくトレーニングできました。音に対する集中力が養われました。

  • (26歳・男性)
  • 今まで聞き逃していた音がこんなにもあったのかと驚きました。シンプルなので、飽きっぽい人にもおすすめ。

  • (73歳・女性)
  • 長年睡眠不足で悩んでいたのに、CDを聞きながら床についたら、いろいろな音に癒されていつの間にか眠っていました。耳も音を聞き取る習慣ができて変わって、昼は耳トレ、夜は睡眠のためで一石二鳥です。

  • (50代・女性)
  • 「トレーニングをする」=「耳をすます」=「集中力が研ぎすまされる」なんですよね。普段漫然ときいてる音を聞き分けようと努力するだけで、どれだけ脳力使ってるんだという気がします。

  • (68歳・男性)
  • 左右の聴力バランスが悪いから、バランス訓練の効果が期待できそう!

  • (50代・女性)
  • 日常の音や優しい音楽なので、ストレスなく聞くことができます。だんだんと、音を深く考えながら聞くようになります。普段使っていない脳の部分を使っている感じ。

  • (40代・女性)
  • 一生懸命に色々な音を聞いているので、疲れるはずなのに、CDを聴いた後は、何故か頭がスッキリして心地いい。バランスよく色々な音を聞くことで、脳がリラックスするのかも。10年後、20年後を快適に過ごす為の習慣を今から身につけておきたいと感じるこの頃です。

毎日耳トレ!
~1ヵ月で集中脳・記憶脳を鍛える~ 【CD付】

GTB01096220/B5変型判横/88ページ/CD付き
定価:1,512
好評発売中

ご購入はこちら

著者監修者プロフィール

小松正史
著者:小松 正史

作曲家・ピアニスト・音育家。1971年、京都府宮津市生まれ。大阪大学大学院(工学研究科・環境工学専攻)修了。博士(工学)。音楽だけではない「音」に注目し、それを教育・学問・デザインに活かす。学問の専門分野は、音響心理学とサウンドスケープ論。BGMや環境音楽を制作し、ピアノ演奏も行う。多数の映像作品への楽曲提供や音楽監督を行う。また、京都タワー・京都国際マンガミュージアム・京都丹後鉄道・耳原総合病院などの公共空間の音環境デザインを行う。聴覚や身体感覚を研ぎ澄ませる、独自の音育(おといく)ワークショップも全国各地で実践。2018年現在、京都精華大学人文学部教授。
公式ウェブサイト http://www.nekomatsu.net

白澤卓二
監修者:白澤 卓二

医学博士。白澤抗加齢医学研究所所長。お茶ノ水健康長寿クリニック院長。1958年神奈川県生まれ。千葉大学医学部卒業後、東京都老人総合研究所病理部門研究員、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て、2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授。寿命制御遺伝子やアルツハイマー型認知症の分子生物学を研究。国際メディカルタイチ協会会長。著書は『100歳までボケない101の方法』など多数。テレビ番組出演など、わかりやすい医学解説が好評を博している。

こちらもチェック!1分で「聞こえ」が変わる 耳トレ!
1分で「聞こえ」が変わる 耳トレ!
新感覚の健康法!
“聞こえ”を改善して認知症を予防! 本体価格:1,500円+税好評発売中ご購入はこちら
● 商品コード:GTB01094648 ● 仕様:A5判/ 112ページ/ CD付き
1分で「聞こえ」が変わる 耳トレ!
ページトップへ 特集ポータルページへ