トップページ特集一覧 > フレディ・マーキュリー ~孤独な道化~

フレディ・マーキュリー ~孤独な道化~

大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本にも影響を与えたレスリー・アン・ジョーンズによる、フレディ・マーキュリーの決定的伝記 フレディ・マーキュリー 孤独な道化 著者:レスリー・アン・ジョーンズ / 訳者:岩木 貴子

イントロダクション

このコンサートをやることで、僕たちは人々に観てもらい、聴いてもらい、うまくいけば募金してもらえるような、何かポジティブなことができる。
餓死しようとしている人々が世界にいるのだから、それは人類全体の問題としてとらえるべきだ。時に自分は無力だと感じることもある。
でも、今回は僕にもできることがある。
フレディ・マーキュリー

フレディ・マーキュリーにとっては完璧なステージだった。つまり、全世界だ。
ボブ・ゲルドフ

政治家が巧妙な演説家だった時代もある。今世紀に入って、演説という芸術はすっかり衰退した。
個人や集団が観衆を思いのままに操り、声ひとつで何千人もの群衆を支配することができる職業は
もはやほとんど残っていないが、その数少ないひとつが、今ではこともあろうにロックンロールなのだ。
これは、映画俳優にはできない業だ。テレビスターでは到底及びもつかない。
とすると、ロックのスーパースターは、この現代で絶大な影響力を持つ最後の人種と言えるのかもしれない。

(第1章:ライヴ・エイド 冒頭より)

商品概要

フレディ・マーキュリー 孤独な道化

フレディ・マーキュリー ~孤独な道化~

映画『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家ピーター・モーガンの脚本コンサルタントとして活躍する伝記作家が描く、フレディ・マーキュリーの「真実」。

商品コード:GTB01088190
著者:レスリー・アン・ジョーンズ
訳者:岩木 貴子

好評発売中

商品詳細へ

▼ クリックで拡大できます

クリックで拡大できます クリックで拡大できます クリックで拡大できます

著者紹介

レスリー・アン・ジョーンズ

レスリー・アン・ジョーンズ ジャーナリスト、新聞のコラムニスト、TVキャスター。音楽・メディア業界で30年以上の実績を持つ。記者としてクイーンをはじめ、ポール・マッカートニーやデヴィッド・ボウイなど数々のミュージシャンに同行した。
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家、ピーター・モーガンは、脚本執筆にあたってレスリー・アン・ジョーンズをコンサルタントとして雇っている。

翻訳者紹介文/翻訳者コメント

『フレディ・マーキュリー~孤独の道化~』の初版が出版されたのは2012年の12月のことです。
その後、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットもあり、2018年12月に緊急復刊。
今回、書籍の復刊に合わせ、翻訳家の岩木貴子さんにコメントを寄せていただきました。

翻訳の仕事に対してはいつもどの作品も全力投球ではあるのですが、フレディの本は私にとって特に思い入れがあります。
お恥ずかしながら、泣きながら訳したのはこの本だけです。フレディのことを思うと胸が張り裂けそうで、
号泣のあまり仕事にならなかったくだりもあります。後半部分は祈るような思いで訳していました。
「あなたは愛されているんだよ」、「どうか幸せになって」とフレディに語りかけながら。
もうとっくの昔に亡くなっているのに。そんな経験は後にも先にもこの作品だけです。
実は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観たらまったく同じことをメアリーが言っていたので
(「あなたは愛されているのよ」)、このときのことを思い出しました。

まったくの私事で恐縮ですが、その作品が今こうして再び日の目を見ていると知ったら、
フレディファンだった今は亡き母もさぞかし喜ぶことだろうと思わずにはいられません。
母はフレディが大好きで、ほかに有名人グッズは一切持っていなかったのですが、
QueenマグカップもQueen Tシャツも持っていたくらいです。
ミュージックビデオもよくひとりで観ていました。
特に“I Want To Break Free”のミュージックビデオが大のお気に入りで、
「ここで口の端を上げてニヤリとするの」と解説つきで何度も見せてくれたものです(ちなみに実家の番犬はフレディといいます)。

当時癌と闘っていた母を喜ばせることができて、『フレディ・マーキュリー』の翻訳を手がけることができた幸運に今でも心から感謝しております。
岩木貴子

【プロフィール】
岩木貴子(いわき・たかこ)

早稲田大学文学部、ダブリン大学文学部卒業。
訳書に『つながりすぎたグローバル経済』(オープンナレッジ)、『繊細で生きにくいあなたへ』(講談社)、『ダライ・ラマのビジネス入門』(マガジンハウス)、『大型商談を成約に導く「SPIN」営業術』(海と月社)、『人々の声が響き合うとき:熟議空間と民主主義』(早川書房)、『スティーヴン・タイラー自伝』『ミック・ジャガー~ワイルド・ライフ~』『本番に強くなる! ~演奏者の必勝メンタルトレーニング~』(すべてヤマハミュージックメディア)などがある。

pagetop

ページトップへ 特集ポータルページへ