スティーブ・ルカサー デヴィッド・ペイチ TOTO Live At Montrewx 1991 トト ライブ・アット・モントルー

★世界中のファンが熱望したTOTOの1991年のモントルーのステージが初の映像作品化!

★世界中のドラマーが羨んだジェフ・ポーカロ参加の伝説のステージ!

★ギター、ヴォーカルともに素晴らしい出来栄えのスティーヴ・ルカサーにリードされ、
他のメンバーも絶好調の熱演。会場のファンの熱狂と一体化したパフォーマンスが繰り広げられる!

作品概要 SYNOPSIS

モントルー・アーカイヴ・シリーズ 膨大な未商品化映像が存在する「モントルー・ジャズ・フェスティヴァル」のアーカイヴを発掘し、 初商品化していく“モントルー・アーカイヴ・シリーズ”がスタート!

第1回発売はTOTOの1991年ライヴを5フォーマットでリリース。しかも世界に先駆けて日本先行リリース!

  • 伝説のドラマー、ジェフ・ポーカロ メンバーはデヴィッド・ペイチ(kyd, vo)、スティーヴ・ルカサー(g, vo)、ジェフ・ポーカロ(ds)、マイク・ポーカロ(b)に加え、 サポートにジェニー・ダグラス(Back vo)、 フレッド・ホワイト(Back vo)、ジャッキー・マギー(Back vo)、クリス・トルヒーヨ(perc.)を迎えた布陣。

    これまで正式なライヴ映像作品としては存在しなかった、翌1992年に他界してしまうジェフ・ポーカロ在籍時のライヴであり、 2015年に他界したマイク・ポーカロの雄姿も観れるとあって、まさに待ちに待ったライヴ映像作品だ。 珍しいジェフ・ポーカロのドラム・ソロにも注目だ!

  • 躍動するスティーヴ・ルカサー リード・ヴォーカリスト不在の時期ながら、スティーヴ・ルカサーがグイグイとバンドを引っ張っていくリーダーシップが素晴らしく、 ギター、ヴォーカルでともに絶好調のプレイを披露している。

    それを支えるメンバー全員が30代半ばであり、勢いと円熟み、そのどちらもがひしひしと感じられる圧巻のパフォーマンスが繰り広げられる。

熱狂するオーディエンス スティーヴ・ルカサーがリードヴォーカルを取る「オン・ザ・ラン」からスタートし、 『ファーレンハイト』(1986)から「アイル・ビー・オーヴァー・ユー」、 『TOTO IV〜聖なる剣』(1984)からは「アフリカ」「ロザーナ」とTOTOを代表する曲が披露され、 バンドも会場も次第にヴォルテージが上がっていき、 ラストのスライ・アンド・ザ・ファミリーストーンのカヴァー「アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユー・ハイヤー」では モントルー・ジャズ・フェスティヴァルの出演者がステージに集結し熱狂のクライマックスを迎える。

観客の興奮と熱狂ぶりがダイレクトに伝わってくるライヴハウスのような会場で100%ピュアなTOTOのステージを収めたライヴ映像として 歴史的な作品となること間違いなしの蔵出し映像だ!

TOTO / ライヴ・アット・モントルー 1991

  • 収録曲

  • オン・ザ・ラン (『TOTO XX』収録)

  • キングダム・オブ・デザイア (『キングダム・オヴ・デザイア 〜欲望の王国』収録)

  • アイル・ビー・オーヴァー・ユー (『ファーレンハイト』収録)

  • アフリカ (『TOTO IV?聖なる剣』収録)

  • ジェイク・トゥ・ザ・ボーン (『キングダム・オヴ・デザイア 〜欲望の王国』収録)

  • レッド・ハウス (ジミ・ヘンドリックス カヴァー)

  • ロザーナ (『TOTO IV?聖なる剣』収録)

  • アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユー・ハイヤー (スライ・&ザ・ファミリー・ストーン カヴァー)

『Introduction』

洋楽文化・産業の恩恵を最大に受けた年の頃40代後半〜60代半ばの音楽ファンからスティーヴ・ガッドと並んでいまだ別格の人気を誇るドラマーがTOTOのジェフ・ポーカロだ。 マイケル・ジャクソンから小田和正まで、1992年に38歳で亡くなったジェフが関与した名盤は数知れないが、 中でもTOTO結成の契機とも言われるボズ・スキャッグス『シルク・ディグリーズ』(‘76年)が発売から40周年を迎え今ふたたびスポットを浴びているという。 なんでもこのアルバムが発表された’76年を「AOR元年」と捉える向きもあるらしく…。

そんな節目の年に、ジェフの最晩年に近い演奏を捉えたTOTOの’91年のモントルー・ジャズ・フェスティバルの音・映像が発掘される意味は大きい。 聞けばこの発掘は、レコード会社が10年を超える交渉の末に勝ち得た成果だとか。 発表時には「幻の」「奇跡の」とまで云われた、上述のS・ガッドを擁するフュージョン・グループ、 スタッフの映像作品『ライヴ・アット・モントルー 1976』のそれに匹敵したであろう発掘作業の困難と苦労には、 いちリスナーとしては感謝の言葉しか見つからない。

このTOTO『ライヴ・アット・モントルー 1991』の大きな見どころはポーカロともうひとつ。 これまでハードかつエッジの効いたサウンド作りの部分でグループをけん引してきたスティーヴ・ルカサーがヴォーカリストとしてもグループの顔役を務めることになった、 そんな新生TOTOの姿を記録している点だ。多少の手探り感はあるものの、メイン・ヴォーカル不在という逆境を乗り越え、グループとしての新たな局面を切り拓こうというかのような、 フロントマンたる矜持を強く感じさせる演奏を繰り広げている。

2000年代に入ってからのライヴ作品に比べればヴォリューム的にはやや物足りないかもしれないが、 「アイル・ビー・オーヴァー・ユー」「アフリカ」などグループのエッセンスというべき楽曲が、神ドラマー ジェフのリズムと、 ギタリスト ルカサーのメイン・ヴォーカルというロックバンドの原点的フォーメイションで楽しめるのだから、ファンならばこれはもう身を任せるほかはないだろう。

必要に応じリード・ヴォーカルを迎えつつ今なお精力的な活動を続けるTOTOだが、 90年代のこのタイミングでのリセットがその後25年以上〜現在に至るまで活動を続けてこられた秘密なのかもしれない。 そういう意味でやはり重要なターニングポイントだった、ということだろう。

逢瀬 成 (おうせなる)


爆音上映 TOTO Live At Montreux 1991(トト ライヴ・アット・モントルー)

DVD / ブルーレイ発売記念
『TOTO / ライヴ・アット・モントルー 1991』 爆音上映会

【東京】大盛況のうちに終了いたしました!
8月31日(水)

【上映イベント内容】

  • ■『TOTO / ライヴ・アット・モントルー 1991』爆音上映
  • ■【トークショー】:小笠原拓海 x 中田利樹
    爆音上映に加えて、今最も注目される若手ドラマー小笠原拓海とAORを愛する中田利樹(音楽ライター/ラジオDJ)を迎えてのトークショーも実施。
    TOTOを愛する二人から熱い話、またジェフ・ポーカロについてのマニアックな話が聞ける貴重な機会となります!
  • 開 場:
    19時00分 開演:19時30分〜
  • 会 場:
    渋谷クラブクアトロ:http://www.club-quattro.com
  • 料 金:
    前売2,000円
    (入場時別途ドリンク代500円/整理番号付/全自由)
    *チケット詳細はウドー音楽事務所HPにてご確認ください。
    ウドー音楽事務所:http://udo.jp/Event/BAKUON/Toto/index.html
【爆音上映とは】
通常の映画用の音響セッティングではなく、音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、 大音響の中で映画を見・聴く試みです。
その爆音によって視覚までもが変容して映画そのものも違って見える。
大音響でなければ聴こえてこない幽かな音を聴くという、大胆かつ繊細な上映となります。
<お問い合わせ>
株式会社ヤマハミュージックメディア
出版部 音楽・映像チーム
TEL:03-6894-0288
http://www.ymm.co.jp/musicvisual/