>

3,000円以上のご注文で送料無料 ご注文翌営業日に出荷いたします
  • 拡大画像を見る
  • 新刊

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル【下】〜セックス、ドラッグ、クラシック〜


クラシックの内情はロックよりも激しい!
第73回ゴールデングローブ賞主要2部門受賞ドラマ原作!

商品情報

商品コード
GTB01093555
発売日
仕様
四六判縦/320ページ
商品構成
書籍
JANコード
4947817259640
ISBNコード
9784636935554
著者
ブレア・ティンドール
訳者
柴田 さとみ
楽器
オーボエ/室内楽/管弦楽/オーケストラ

商品の説明

元ニューヨーク・フィルのオーボエ奏者が、自らの経験をもとにクラシック音楽業界の内幕を綴る。 オーケストラの団員同士の色恋沙汰やライバル関係、そしてドラッグまみれの実態など信じられないようなエピソード満載。 第73回ゴールデングローブ賞主要2部門受賞ドラマ原作! ドラマはAmazonプライム・ビデオにて配信中。

【クラシック業界の内幕を暴き、酷評した問題作!】

「あらゆる点で魅力的。 一度この本を読んだら、黒タキシードを着込んで気取って モーツァルトを演奏する音楽家を、前と同じ目では見られなくなるはず」 
―ドティ・アシュレー『ザ・ポスト・アンド・クーリエ』(チャールストン)

「現在までに出版されたオーケストラ関連書籍のなかで、 もっとも公正かつ歯に衣着せない書籍と言えよう。 本書には、『一部の派閥がオーケストラの採用人事をコントロールしている』 といった狭量極まりない権力の乱用、そして肉欲や金銭に関する腐敗が描かれている。 セックス、ドラッグ、権力の乱用―ブレア・ティンドールはその実態を語る。 彼女が暴露するこうした悪習は高校時代から始まり、 死の床まで音楽家につきまとうのだ。 本書はまた、クラシック音楽の教育を受けた音楽家たちが現実を見失い、 それによって社会での居場所を失っていく過程を、鮮明かつ怯むことなく描き出している。 クラシック公演の存続に関心をもつ人は必ず読んでおくべき貴重な書籍だ」
―ノーマン・レブレヒト(音楽評論家)

「『過剰な数の音楽家を次々と世に送り出す一方で、 幸運な一部スターのみが法外な富を得るという慣習にすがり続けたことで、 クラシック音楽界は自ら危機を創り出してしまった』 というティンドールの主張に反駁することは難しい」
―『ニューヨーカー』誌

「音楽ビジネスの現実を、これ以上見事に描写できる作家はいまい」
―ケン・コイフェル『ウィンストン・セーラム・ジャーナル』

■著者について
ブレア・ティンドール (Blair Tindall)
ジャーナリスト、オーボエ奏者。『ニューヨーク・タイムズ』紙でクラシ ック音楽に関する記事を執筆している。これまでニューヨーク・フィル をはじめさまざまな音楽団体で演奏、ツアー、レコーディング活動を行 ってきた。スタンフォード大学でジャーナリズムを、カリフォルニア大 学バークレー校でオーボエを教えた経験ももつ。

■翻訳者について
柴田 さとみ(しばた・さとみ)
翻訳家。東京外国語大学外国語学部欧米第一課程卒業。ドイツ語と英語 の翻訳を手がける。主な訳書に『母さん もう一度会えるまで──ある ドイツ少年兵の記録』(毎日新聞社)、『ディズニー・ワールドで私が学ん だ10のルール』(実務教育出版)、『ソフィー 9つのウィッグを持つ女の 子』(草思社)、『世界"笑いのツボ"探し』(CCCメディアハウス)、『とっ さのしぐさで本音を見抜く』(サンマーク出版)などがある。

好評発売中
定価:1,620 円[本体 1,500円]
  • Amazonで購入
  • 楽天ブックスで購入
よくある質問
ページトップへ 特集ページ一覧