>

3,000円以上のご注文で送料無料 ご注文翌営業日に出荷いたします
  • 拡大画像を見る

クラシック幻盤 偏執譜


盤歴50年で聴き分けた20世紀の演奏記録

商品情報

商品コード
GTB01088295
発売日
仕様
A5判縦/224ページ
商品構成
書籍
JANコード
4947817233534
ISBNコード
9784636882957
著者
竹内 貴久雄

商品の説明

稀少廃盤を追い続けて50年!
復刻盤・ライヴ盤の乱立時代に、本物に出会うための情報源!


【目次】
■第一章 とっておきCDの十五年史
―こんなおもしろいCDが発売されて、アッという間に消えました
■第二章 LPレコード・コレクターズ対談
―「ここまで集めて ここまで聴いて」
■第三章 指揮者たちのカレイドスコープ
―20世紀演奏のクリップボード・第一
■第四章 器楽奏者たちのアイデンティティ
―20世紀演奏のクリップボード・第二


【著者紹介】
竹内貴久雄(たけうち・きくお)

音楽文化史家、音楽評論家、書籍編集者。
1949年生まれ。詳細な調査を行って解説したCD『黎明期の日本ギター曲集』(演奏:山下和仁、日本クラウン)が
文化庁主催芸術祭大賞を受賞して以来、近代日本の西洋音楽受容史に深く関心を持って研究を続けている。
レコード・CDコレクターとしても著名で、その収集の成果は、演奏スタイルの変遷を踏まえたクラシック音楽評論として、
独自の視点を示している。

著書に『唱歌・童謡100の真実』『ギターと出会った日本人たち 』(ともにヤマハミュージックメディア)、
『コレクターの快楽―クラシック愛蔵盤ファイル』(洋泉社)、共著に『名曲への旅』(音楽之友社)、
『クラシック反入門』(青弓社)、編著に『クラシック名曲名盤事典』(ナツメ社)、
『歴伝・洋楽名盤宝典―精選「LP手帖」月評』(音楽出版社)ほか。

CD解説も、演奏史を踏まえた視点から多数執筆している。

好評発売中
定価:1,944 円[本体 1,800円]
  • Amazonで購入
  • 楽天ブックスで購入
よくある質問
ページトップへ 特集ページ一覧