>
>

3,000円以上のご注文で送料無料 ご注文翌営業日に出荷いたします
  • 拡大画像を見る
【ひびきの本】

ドラマティック・ベートーヴェン


〜自己プロデュースの達人〜

権力と情報を利用、自己プロデュース力に優れた演出家音楽だけでないベートーヴェンの天才的一面が明らかに!

商品情報

商品コード
GTB01084798
発売日
仕様
四六判縦/280ページ
商品構成
書籍
JANコード
4947817218784
ISBNコード
9784636847987
著者
石井清司

商品の説明

音楽室で見るベートーヴェンはいつもしかめっ面。だけど本当のベートーヴェンは?実はベートーヴェンは人付き合いと自己プロデュースがどの音楽家よりも優れていた。彼は自らの才能を売り物にし、パトロン社会をうまく利用して、貴族を、はてはメディアまでもうまく操作して自分を売り出していった、商才あふれる人間だったのだ。ジャーナリストの視点で、芸術家としての一面だけでなく、ビジネスマンとしての一面もクローズアップ。今まで誰も書かなかったベートーヴェンの新しい姿がここにある。

■■内容
第1章 新時代の予感〜天才の誕生〜
・音楽一家“第二のモーツァルト”の夢
・境界の時代の都市と宮廷
・一一歳、ネーフェ師との出会い

第2章 運命の始まり〜ライン河畔、ボン〜
・西欧経済の動脈、ラインの威容
・専制君主から啓蒙君主へ
・宮廷から芽ぶき始めた新古典派、ロマン派
・優しい祖父と暴君の父

第3章 師ネーフェ〜学んだのは音楽だけではなかった〜
・四歳で音楽に目覚める?
・父が仕組んだ六歳のデビュー
・ヒューマニストに学んだ音楽と思想
・哲学の師でもあったネーフェ

第4章 少年から若者へ〜形成される作曲家〜
・弾丸のような風貌の暗い少年
・母との旅、祖父との別れ
・多忙なオルガン助手で一家を支える

第5章
・孤独と自由〜ボン時代〜
・大ハプスブルク帝国の威光
・ベンチャーの街で受けた大抜擢
・師の焦燥、ついて回る「貧困」
・父の暴力と母の過保護

第6章 モーツァルト
・〜ふたりの座標軸〜モーツァルトを愛した選帝侯
・幻に終わったボンの出会い
・“フリーの演奏家”独立する天才ふたり
・モーツァルトとのウィーンでの出会い
・両雄の出会いを演出した伯爵夫人

第7章 新しい波〜“自由、平等、博愛”の魔力〜
・“最大多数の最大幸福”
・自然礼讃、個人讃美の一大思潮
・音楽こそ欧州大陸の共通語
・ワルトシュタイン伯とブロイニング未亡人
・ボン大学に渦巻く熱気

第8章 “パパ”を慕って〜ウィーンのハイドン〜
・父からの独立
・情愛あふれる人柄と音楽
・心酔するパパ・ハイドンと共演
・終生の宝物、ハイドンの遺品
・革命の風波の中、ウィーン行きの光
第9章 ウィーンへ〜サロンの異才、頭角を現す〜
・リヒノフスキー侯爵の篤い庇護
・財布の中身と父の訃報と
・古典派完成者にしてロマン派草創者
・師の不遇と故郷への貢献

第10章 師への造反
・鬼の居ぬ間
・三人のウィーン貴族の力添え
・サリエリ、シェンクへの接近
・対位法の大家に作曲を学ぶ
・ボン選帝侯との間に亀裂
・ロマン・ロランの魂を救う

第11章 自由の旗の下〜交響曲第三番《英雄》〜
・一九世紀市民社会精神の体現者
・名実ともにフリーに
・民族オペラへの傾倒と師たち
・ブルク劇場で大成功デビュー
・英雄讃美が一転野心家嫌悪へ

第12章 意外な商才と後援者たち〜巧みだった自己プロデュース〜
・貴族殺し?
・もうひとつの顔
・ベストセラー作家の特別献呈本
・秘められた不思議な力
・職人=ピアニストとしての才
・メーカー、メディアとも交流成功

第13章 作品献呈事件〜ハイドンとの和解〜
・新世代のフリー作曲家
・楽譜出版業者との丁々発止
・「出版しないほうがいい」と師の一言
・リヒノフスキー侯と仕掛けた一件落着劇
・喝采と思惑と

第14章 運命への扉〜ドゥシェク夫人慕情〜
・一七九五年、出発の年
・演奏家、ピアノ曲作曲家を超えて
・交響曲作曲へ航海開始
・音楽の古都プラハを目指す
・すべてを持つ人ドゥシェク夫人

第15章 仕掛人の顔〜東欧“販促”大旅行〜
・プラハでの恍惚の日々
・二ヵ月の滞在延長で味わったもの
・ドレスデン、ライプツィヒ、ベルリン
・販促旅行の成功と難聴

第16章 愛国という病い〜オーストリア軍歌事件〜
・交響曲の前に室内楽を征圧
・ドイツ病に揺れる若き巨匠
・「われら大ドイツ民族」融合と相克と
・ナポレオン軍迫り愛国の街と化す
・「革新は彼の心もまた征服した」
第17章 聞こえない〜隠し通した二年間〜
・大指揮者の“さらい”、棋聖の“よみ”
・耳の奥と心の底の重さに耐えて
・遺伝か疾患か、まさに諸説紛々
・親友ヴェーゲラーへの告白

第18章 不滅の恋人〜創造の源泉、不器用な恋〜
・「幼児キリストの目の輝き」のごとく
・《月光》ソナタを捧げられた女性
・見えない本命とのちの重要人物
・自己主催の演奏会という事件
・一九世紀の市民音楽家の誕生

第19章 懊悩と充実〜ハイリゲンシュタットの遺書〜
・大衆に呼びかけた交響曲第一番
・オペラへの挑戦と《月光》ソナタ誕生
・ついに難聴を告白、療養生活へ
・私の死後、私と仲直りしてくれ
・遺書?
・未来への宣言?

第20章 市民の旗手〜《クロイツェル・ソナタ》〜
・“出版したい作曲家”の地位を得る
・「僕は創造主をのろう」――耳疾進行
・市場原理も働く市民音楽の時代
・「引き受け切れないほど注文はある」
・シカネーダー支配人による厚遇
・「彼の不幸を利用した運命」の苦悶

第21章 未来を謳う〜ナポレオンへの愛憎〜
・難聴がもたらした孤独と純情
・「彼は無限の自由に加担していた」
・クロイツェルが伝えた英雄の姿
・“精神の神、エロイカ”の夢と挫折
・人類の未来を音楽で描ききる
・現実を生きる信念の結実=作品

第22章 恋と大作〜オペラ《フィデリオ》〜
・弟子たち
・エレオノーレ、そしてヨゼフィーネ
・“ベートーヴェン哲学”への道程
・政治と文化の昇華として
・二大劇場の「革命オペラ」争い
・第一稿も改作も失敗に終わる

第23章 落日の時〜時代の逆風と難聴〜
・新時代のコンテンツ・メーカー
・絶頂の人生中期と不滅の恋人
・一転、「生涯のうち、最もみじめ」
・ナポレオン退位、反動時代へ逆行
・当局に監視される危険分子
・ロンドン亡命も阻止されて

第24章 永遠の別れ〜それは喜劇だったか〜
・市民派音楽家の旺盛な活動
・テプリツェで出会った人々
・インフレと戦うフリー作家の処世術
・シューベルトが共有した時と心
・反動の時代、空白の六年間
・処世は“時流”表現は“歴史”
・苦悩と内向の時代を生きる才能
・《第九》完成から三年後、巨星墜つ


■■著者紹介
石井清司:
1936年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。
在学中より放送構成作家としてスタートし、放送評論家、フリー・ジャーナリスト、ルポライターとして活躍。
スポーツ、クラシック音楽関係の著書も多いが、特に日本のテレビ制作プロダクション業界には草創期から加わり、
豊富な実績と人脈を背景に鋭い論評を続けている。

絶版
定価:1,512 円[本体 1,400円]
  • Amazonで購入
よくある質問
ページトップへ 特集ページ一覧