トップページ特集一覧 > “6人目のストーンズ”と呼ばれた男 〜 ボビー・キーズ・ストーリー

“6人目のストーンズ”と呼ばれた男 〜 ボビー・キーズ・ストーリー

ジョン・レノンの「真夜中を突っ走れ」やローリング・ストーンズの「ブラウン・シュガー」を初めとする数々名演を聴かせてきたサックス奏者、ボビー・キ―ズの音楽と人生を綴った物語。

『“6人目のストーンズ”と呼ばれた男 〜 ボビー・キーズ・ストーリー』

DVD: YMBA-10683
4,000円(本体価格+税)
2017年8月30日 日本先行発売

【出演】
ボビー・キーズ、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド、ミック・テイラー、ジム・プライス、イアン・マクレガン、ボビー・ウィットロック、ジム・ケルトナー、ドクター・ジョン、ビリー・ギボンズ、バーナード・ファウラー、リサ・フィッシャー、ダリル・ジョーンズ他

【収録曲】
「ブラウン・シュガー」「リヴ・ウィズ・ミー」「スウィート・ヴァージニア」「真夜中を突っ走れ」「ゼアーズ・ア・ウィル、ゼアーズ・ア・ウェイ」など

購入はこちら

15歳からバディ・ホリーのバックを務め、その後デラニー&ボニーのメンバーとなりエリック・クラプトンとも共演。さらには60年代末から2014年12月に亡くなるまで“6人目のストーンズ”と呼ばれるほど、ローリング・ストーンズのサイド・メンバーとして活躍したサックス・プレイヤー、ボビー・キーズの音楽と生涯を追ったドキュメンタリー。

キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド、ミック・テイラーら新旧のストーンズのメンバーがこぞって出演しインタビューに答えており、ストーンズ・ファンはもちろん、ブリティッシュ・ロック・ファンが絶対に知りたいエピソード満載となっている。

ほかにイアン・マクレガン、ボビー・ウィットロック、ジム・ケルトナー、ビリー・ギボンズ、バーバード・ファウラーらが出演。エルヴィス・プレスリー、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスン、ザ・フーなど大物ミュージシャンと共演してきた名物サクソフォン・プレイヤーの歴史を紐解く貴重なドキュメンタリー作品が遂に登場!

有賀幹夫×寺田正典 2万字対談掲載



trailer

EVERY NIGHT'S A SATUADAY NIGHT

  • “ボビーは間違いなく6人目のストーンズだったよ”
    --キース・リチャーズ--
  • “スタジオを訪れて、まずストーンズの曲を聴いた。そしてジム・プライスも来て一緒に演奏したのが「アイ・ガット・ザ・ブルース」ってスローな曲だった”
    --ボビー・キーズ--
  • “彼が「ブラウン・シュガー」のソロで出したサウンドや、アルバムのほかの曲での演奏は最高に合っていた。彼のほかに適任はいなかったよ”
    --キース・リチャーズ--
  • “「ブラウン・シュガー」のサウンドはボビーそのものだ。彼の音は、とてつもなく重要な要素だった”
    --チャーリー・ワッツ--
  • “ミックはビアンカと結婚する頃の話、俺はジョー・バーグマンに、「キースはどこだ?」と聞くと、「ボビーと一緒にバスルームにいる」と答えた。それでボビーに会ってみたくなった”
    --ロン・ウッド--
  • “ジョン・レノンはセッション前、俺をダコタに招待して、スタジオに入る前に階段の吹き抜けの所でアコースティックギターの曲を披露してくれた。それで、どんなサウンドを出すべきかイメージができたんだ”
    --ボビー・キーズ--
  • “俺の中では今もボビーはサックス奏者としてナンバーワンだ”
    --ボビー・ウィットロック--
  • “パーティに明け暮れ、「毎晩がサタデーナイト」だったね。いつでもどこでも管楽器を持って行っては演奏に参加したよ”
    --ボビー・キーズ--
ページトップへ 特集ポータルページへ