株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ヨハン・セバスチャン・バッハ > 平均律クラヴィア曲集 第2巻 第4番 嬰ハ短調 BWV.873

平均律クラヴィア曲集 第2巻 第4番 嬰ハ短調 BWV.873
The Well-Tempered Clavier Book 2 No.4 in C-sharp Minor, BWV.873

作曲家
ヨハン・セバスチャン・バッハ
Johann Sebastian Bach
時代
バロック
レベル
上級2
形式
プレリュード/曲集/多声部曲

1738-1742年。『平均律第1巻』と同じ形式でできている。第1巻はバッハのケーテン時代の作品だが、第2巻はライプチヒ時代に書かれた。第1巻と並んで音楽史上最も重要な曲集の1つである。
プレリュードは『平均律』の中で最もスケールの大きい曲。3つの声部からなっており、各声部に複雑な装飾音が用いられている。フーガは3声。主題の速い音型が特徴である。主題の反行形(転回された形)もでてくる。

# 楽章・小作品 試聴
1 プレリュード
再生
volume
2 フーガ
再生
volume

楽章・小作品のタイトルをここに表示

※各楽譜の、1ページ目を表示しています。


ページの先頭に戻る

このサイトについての情報