株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > エンリケ・グラナドス > スペイン舞曲 Op.37

スペイン舞曲 Op.37
Danzas espanolas, Op.37

作曲家
エンリケ・グラナドス
Enrique Granados
時代
ロマン
レベル
上級2
形式
連作/曲集/舞曲/民族

1892-1900年。スペインの色彩やリズムが特色の曲集である。主にスペイン北部の民族舞曲が素材となっている。「アンダルーサ」はギター独奏の編曲や、後に歌詞をつけられた歌曲としても知られ、グラナドスの作品中もっとも有名なものである。

# 楽章・小作品 試聴
1 「ガランテ(メヌエット)」
再生
volume
2 「オリエンタル」
再生
volume
3 「ファンダンゴ(サラバンド)」
再生
volume
4 「ビリャネスカ」
再生
volume
5 「アンダルーサ(祈り)」
再生
volume
6 「ホタ(ロンダーリャ・アルゴネーサ)」
再生
volume
7 「バレンシアーナ(カレセーラ)」
再生
volume
8 「サルダーナ(アストゥリアーナ)」
再生
volume
9 「ロマンティカ(マズルカ)」
再生
volume
10 「メランコリカ(悲しき舞曲)」
再生
volume
11 「ボレロ(サンブラ)」
再生
volume
12 「アラベスカ」
再生
volume

楽章・小作品のタイトルをここに表示

※各楽譜の、1ページ目を表示しています。


ページの先頭に戻る

このサイトについての情報