株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ヨハン・セバスチャン・バッハ > 平均律クラヴィア曲集 第1巻 第16番 ト短調 BWV.861

平均律クラヴィア曲集 第1巻 第16番 ト短調 BWV.861
The Well-Tempered Clavier Book 1 No.16 in G Minor, BWV.861

作曲家
ヨハン・セバスチャン・バッハ
Johann Sebastian Bach
時代
バロック
レベル
上級2
形式
プレリュード/曲集/多声部曲

1722年。バッハのクラヴィーア作品の代表作。24の調性をハ長調から順に半音ずつ上がり、それぞれの調が「プレリュード」と「フーガ」の2曲になっている。この形式はJ.K.F.フィッシャー(1665-1746)の『アリアドネ・ムジカ』というオルガン曲集がモデルである。また、平均律による調律法もこの曲集によって確立された。多彩な曲想で書かれた「プレリュード」とポリフォニーの最高な技法が用いられた「フーガ」など、様々な点から音楽史上最も重要な曲集の1つである。有名な指揮者ハンス・フォン・ビュローがこの曲集をピアニストの“旧約聖書”と呼んだことでも知られている。
プレリュードは長いトリルで始まるアリアのような曲。フーガは4声。

# 楽章・小作品 試聴
1 プレリュード
再生
volume
2 フーガ
再生
volume

楽章・小作品のタイトルをここに表示

※各楽譜の、1ページ目を表示しています。


ページの先頭に戻る

このサイトについての情報