株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > フランツ・ヨーゼフ・ハイドン > ソナタ ハ長調 Hob.XVI:50

ソナタ ハ長調 Hob.XVI:50
Sonata in C Major, Hob.XVI:50

作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
Franz Joseph Haydn
時代
古典
レベル
上級2
形式
ソナタ

1794-1795年。ハイドンがイギリスを訪問した際に作曲したため「イギリス・ソナタ」と呼ばれている。第1楽章は速い重音のパッセージなどがあり、技巧的に華やかなソナタ形式。ハイドン自身が書き込んだペダル記号がある。第2楽章はスフォルツァンドの使用が顕著なアダージョ。第3楽章は旋律が突然休止するなどユーモラスな作品である。

楽章・小作品のタイトルをここに表示

※各楽譜の、1ページ目を表示しています。


ページの先頭に戻る

このサイトについての情報