株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > フランツ・ヨーゼフ・ハイドン > ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:49

ソナタ 変ホ長調 Hob.XVI:49
Sonata in E-flat Major, Hob.XVI:49

作曲家
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
Franz Joseph Haydn
時代
古典
レベル
中級2
形式
ソナタ

1789-1790年。ハイドンの自筆で“フォルテピアノのために”と書かれている。第1楽章は重音や手の交差など様々な技巧を用いたソナタ形式。再現部の前にカデンツァ風の部分がある。第2楽章は様々に曲想が変化する複雑で美しいアダージョ。第3楽章は8分音符と3連符がからみあう軽快なメヌエット。

# 楽章・小作品 試聴
1 アレグロ・ノン・トロッポ
再生
volume
2 アダージョ・エ・カンタービレ
再生
volume
3 フィナーレ:テンポ・ディ・メヌエット
再生
volume

楽章・小作品のタイトルをここに表示

※各楽譜の、1ページ目を表示しています。


ページの先頭に戻る

このサイトについての情報