株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > マニュエル・デ・ファリャ

マニュエル・デ・ファリャ
Manuel de Falla

1876~1946 スペイン人 アルゼンチンに没す ロマン後期 作曲家

ファリャは20世紀前半のスペインの代表的作曲家である。ファリャはピアニストだった母からピアノの手ほどきを受けマドリードの有名な音楽教師ホセ・トラゴ(1856~1934)にピアノを習い、1901年からはスペイン民族音楽の祖ペドレルに師事して16世紀スペインの教会音楽や、民族音楽、サルスエラ(スペインの国民的オペラ)を学んだ。その後、パリに勉強に行く費用を捻出するためにサルスエラを数曲書き、05年作のサルスエラ「はかない人生」がマドリード芸術院の歌劇賞に入賞し、また同年、ピアノ・コンクールに優勝してファリャは作曲家、ピアニストとして認められ、07年には念願のパリに行き、7年間滞在した。パリではデューカス、ドビュッシーラヴェルらと親交を持ち、またパリに滞在していたスペインの作曲家アルベニスと交友を結び大きな影響を受けた。その後、パリのオペラ・コミックで「はかない人生」が成功を収め、パリ時代から作曲にかかっていたピアノと管弦楽のための「スペインの庭の夜」が大成功し、21年にはロンドンを訪れ「スペインの庭の夜」のピアノ・パートをファリャ自身で弾くなどして、音楽家としてのゆるぎない名声を築いた。この年からファリャはグラナダに住み、パリ、ロンドンもしばしば訪れて活躍したが、34年頃から健康がすぐれず、39年にスペインを後にしてアルゼンチンに渡り、その地で69歳の生涯を閉じた。作品にはサルスエラ、管弦楽曲、歌曲、ピアノ曲などがある。


全1件

# 曲名 レベル 試聴
1 4つのスペイン小品集 [4] 上級1
再生
volume

全1件

ページの先頭に戻る

このサイトについての情報