株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ゲオルグ・テレマン

ゲオルグ・テレマン
Georg Philipp Telemann

1681~1767 ドイツ人 バロック後期 作曲家

テレマンはドイツのマグデブルクの牧師の家に生まれ、音楽は独りで学んだ。1701年にライプチッヒ大学の法律科に入学したが、音楽の才能の方が優れており、間もなく聖トーマス教会のオルガン奏者ヨハン・クーナウの助手に任命され、カンタータの作曲や指揮を始めた。その後、テレマンは04~08年にゾーラウ(現在ポーランド領)のプロムニツ公の楽師長を務め、08~12年にアイゼナッハの教会の楽師長を務めたが、そのときバッハに出会い、14年に生れたバッハの次男エマヌエルの名付け親となる。12~21年はフランクフルトに移り、教会の楽師長と同市の音楽監督を兼任、またコレギウム・ムジクム(大学生の音楽グループ)の再組織をはかった。21年からはハンブルクの5つの教会の楽師長、ハンブルク・オペラと同市の音楽監督を兼任、67年に没するまで幅広い音楽活動にはげんだ。テレマンは膨大な数にのぼる教会カンタータ、オラトリオ、オペラ、交響曲、室内楽曲、協奏曲、歌曲、クラヴサン用の曲を書いたが、作曲技法はバロック後期のポリフォニーを土台に古典期の技法を先取りしたもので、対位法による多声部音楽に明確な主旋律を築いているものと、古典期の"旋律と伴奏"の形をとったものがある。特徴は"ミシンのリズム"で形容される安定したリズムと、力強い機能和声である。


全7件

# 曲名 レベル 試聴
1 アレグロ イ長調 中級1
再生
volume
2 アレグロ ト短調 中級1
再生
volume
3 プレスト ヘ長調 初級2
再生
volume
4 ファンタジア ト長調 中級1
再生
volume
5 ファンタジア ニ長調 中級1
再生
volume
6 フーガ ハ長調 中級2
再生
volume
7 ファンタジア 変ロ長調 中級1
再生
volume

全7件

ページの先頭に戻る

このサイトについての情報