株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ジャン・フランソワ・ダンドリュー

ジャン・フランソワ・ダンドリュー
Jan Francois Dandrieud

1682~1738 フランス人 バロック期 作曲家 鍵盤楽器奏者

ダンドリューはフランス・バロック期のクープランと並ぶ"艶美(えんび)様式"の作曲家/鍵盤楽器奏者である。ダンドリューはパリに生まれ、モロに学んだ後、サン・バルトロメオ教会、ついで1704年にサンタ・マリア教会のオルガン奏者を経て、1724年以降はルイ王朝の王室礼拝堂のオルガン奏者を務めた。ダンドリューの鍵盤楽器曲の技法はバロック期のポリフォニーに基づいていながら、古典期のホモフォニーの"旋律と伴奏"を先取りしており、明確で均斉(きんせい)がとれた形式とともに端正な響きになっている。作品には「クラヴサン曲集」「オルガン曲集」「ヴァイオリン曲集」などがある。


全1件

# 曲名 レベル 試聴
1 ロンドによるガヴォット ニ長調 中級1
再生
volume

全1件

ページの先頭に戻る

このサイトについての情報