株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ヤコブ・シュミット

ヤコブ・シュミット
Jacob Schmitt

1803~1853 ドイツ人 古典後期 作曲家

ヤコブ・シュミットはババーリアのオベルンブルクに生まれ、ハンブルクに没した。ヤコブは有名なピアノの指の練習教本「導入用練習 Op.16」を書いたアロイス・シュミットの弟で、ピアノと作曲は兄のアロイスから習った。ヤコブ・シュミットは約370曲のピアノ曲を書いている。それらはソナチネ、エチュード、ロンド、ノクターン、および連弾曲だが、「133のピアノのための小曲集」は若い生徒に弾きやすく、貴重な作品集だといわれている。


全1件

# 曲名 レベル 試聴
1 ソナチネ ハ長調 初級2
再生
volume

全1件

ページの先頭に戻る

このサイトについての情報