株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > カロル・シマノフスキ

カロル・シマノフスキ
Karol Szymanowski

1882~1937 ポーランド人 近代 作曲家

シマノフスキは20世紀初頭のポーランドを代表する近代作曲家である。シマノフスキは音楽一家に生まれ、幼少からピアノや作曲の手ほどきを受け、1901~04年はワルシャワでノスコフスキーについて作曲を学んだ。その後、シマノフスキはワルシャワの音楽界に限界を感じ、05年にベルリンに移り、指揮者フィテルベルクや作曲家ルジツキらと"若きポーランド"を結成して作品を発表した。その頃、彼はオペラ「ハギード」(13年)を書いているが、シュトラウスワーグナースクリャビンらの影響がうかがえ、抒情的な主題のポリフォニックな扱いと、色彩豊かなオーケストレーションで「ハギード」は彼の代表作の1つになっている。第1次世界大戦の勃発で14年に母国ポーランドに帰国してからはイスラム文化や古代ギリシャの演劇や哲学に興味を持ち、室内楽「神話」(15年)や、中世シチリアを舞台にキリスト教とギリシャの多神教の対立を描いたオペラ「ロゲル王」(24年)などを作曲した。大戦が終わり18年にポーランドが独立すると、シマノフスキはショパン以来、忘れられていた自国の舞曲をとり上げたピアノのための「20のマズルカ」(25年)や、タトラ山地の民俗音楽を使ったバレー音楽「ハルナシェ」(31年)など民族性に根ざした作品を書いた。27年から5年間はポーランドの音楽教育の向上を目指してワルシャワ音楽院長を務めるなど、シマノフスキは母国の音楽界のために貢献した。作品には交響曲、室内楽、協奏曲、合唱曲、歌曲がある。


全1件

# 曲名 レベル 試聴
1 4つのポーランド舞曲 [4] 上級1
再生
volume

全1件

ページの先頭に戻る

このサイトについての情報