株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ヨハン・エラスムス・キンデルマン

ヨハン・エラスムス・キンデルマン
Johann Erasmus Kindermann

1616~1655 ドイツ人 バロック初期 オルガン奏者 作曲家

キンデルマンはバロック初期のオルガン奏者と教会音楽作曲家として知られている。キンデルマンはシュターデンに師事し、1634~36年はヴェネツィアに留学してカヴァッリやモンテヴェルディに学んだ。40年から没するまでニュルンベルクの聖エジーディエン教会のオルガン奏者を務める。宗教曲、劇音楽、器楽曲など多くの作品を残しているが、中でも45年に刊行された「Harmonica Organica in tabulaturam Germanican composita」(ドイツ式タブラチュアによるオルガン曲集)はオルガン史上、重要な資料とされている。鍵盤楽器曲の作風は対位法を基にした多声部音楽になっている。


全1件

# 曲名 レベル 試聴
1 バレー(舞曲) イ短調 中級1
再生
volume

全1件

ページの先頭に戻る

このサイトについての情報