着メロのご案内
モバイル.ヤマハでは着信メロディーの試聴ができます。まず、あなたのお目当ての曲を検索します。そしてサンプルを聴いてから、もし気に入れば、その曲のダウンロードアドレスを携帯電話に送信します。あとは、携帯電話からそのアドレスにアクセスすれば、手軽にダウンロードができます。
詳細はこちらから↓

http://mobile.yamaha.co.jp/



桂 雀三郎さんのプロフィール
昭和46年3月、桂 小米(故 枝雀)に入門、芸名 桂 米治
その後、雀枝から昭和51年、雀三郎に改名。
以来、米朝一門会、枝雀独演会、枝雀一門会などに出演。
昭和55年3月、ABCお笑い新人グランプリ、最優秀賞(落語部門)
平成6年3月、大阪府民劇場賞、奨励賞受賞。
平成6年3月より大阪・サンケイホールで「桂 雀三郎独演会」を毎年開催。
 1986年より「雀三郎製(じゃくさんせい)アルカリ落語の会」を開催。
不思議な魅力でファンが急増している。
 古典落語では「鬼の面」「いらち俥」の復活のほか、「天王寺詣り」などの
高座で評価も高い。また新作では中島らも作「明るい悩み相談室」や小佐田定雄
作「神だのみ」シリーズ「雨月荘の惨劇」などを演じ、観客を悩みの相談室や惨劇に導いている。

 音楽落語「雀三郎はかく語りき」ではアムジー室内合奏団と共演。
浄瑠璃にも凝っている。8mm映画「アルカリキッド・飛んで火にいる夏の豚の巻」で
1989年度伊丹映画祭「第六回グリーンリボン賞銅賞」を獲得。劇団「アルカリ」結成
など、各方面で異才ぶりを発揮する。
落語を中心にテレビ、ラジオ等でも活躍中。



スペシャルインタビュー
「忘年会お役立ちピース ヨーデル食べ放題」付録スペシャルインタビューより一部抜粋

問1、「ヨーデル食べ放題」という楽曲との出会いを教えてください。そして、初めて歌ったときのお気持ちを教えてください。

雀)5年ほど前に初めて唄いました。大変よくウケました。

問2、なぜ「ヨーデル」と焼肉が結びついたのですか?

雀)7、8年前にこの楽曲の作詞・作曲者であるリピート山中氏が、焼肉食べ放題の店へ行ったとき、あまりの嬉しさに♪食べホ〜ダイ♪とヨーデルで自然に出てきたそうです。レバ・バラ・レバ・バラは、そのままヨーデルになり、タン・ミノなどは無理やりヨーデルにしました。「ビールは別料金」「制限時間は90分」などは、壁に書いてありました。





[ YMM-HOME / www.ymm.co.jp ] Copyright (c) YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All rights reserved.
株式会社ヤマハミュージックメディア