株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン > ソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」 Op.27 No.2

ソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」 Op.27 No.2
Sonata No.14 in C-sharp Minor "Moonlight", Op.27 No.2

作曲家
ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Ludwig Van Beethoven
時代
古典
レベル
上級1
形式
ソナタ

1801年。第13番と同じ「幻想曲風ソナタ」。「月光」という通称はベートーヴェンがつけたものではなく、ドイツの著述家L.レルシュタープがこのソナタの第1楽章について“湖の月光にきらめく波間にただよう小舟のようだ”と言ったことからつけられた。第1楽章は静的な楽章。第2楽章はスケルツォ風のダ・カーポ形式。第3楽章がこのソナタのクライマックスで、ソナタ形式になっている。

楽章・小作品のタイトルをここに表示

※各楽譜の、1ページ目を表示しています。


ページの先頭に戻る

このサイトについての情報