株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ドメニコ・スカルラッティ

ドメニコ・スカルラッティ
Domenico Scarlatti

ドメニコ・スカルラッティ

1685~1757 イタリア人 スペインに没す バロック期 作曲家 鍵盤楽器奏者

スカルラッティはヘンデルバッハと同じ1685年にナポリに生まれたイタリア人の作曲家/鍵盤楽器奏者である。父は有名なイタリア・オペラの作曲家アレッサンドロ・スカルラッティであり、スカルラッティは父から音楽の教育を受け、1701年に16歳で父が宮廷楽師長を務めていたナポリの宮廷礼拝堂のオルガン奏者に就任した。その後、03年に彼のオペラの処女作「オッタヴィア」がナポリで上演され、続いてオペラ「ジュスティーノ」が発表されると、スカルラッティはオペラ作曲家として一躍有名になった。09年からスカルラッティはナポリに身を寄せていたポーランドの王妃マリア・カジミーラの楽師長や、14~19年はヴァチカンの聖ペテロ大聖堂の楽師長を務め、20年にポルトガル国王の楽師長に就任し、リスボンで王女マリア・バルバラのチェンバロ教師となった。そして、29年に王女がスペインのフェルディナンド王子のもとに嫁ぐ際に、スカルラッティをスペイン王家の楽師長に任命したため、スカルラッティは王女に随行し、マドリッドで生涯を終えるまでスペイン王家のためにつくした。その間にスカルラッティは555曲のチェンバロ・ソナタを作曲している。それらはソナタと呼ばれているが古典期の"ソナタ・アレグロ形式"とは異なり、多くのものはソナチネ風の2部形式である。スカルラッティの音楽はバロック期のポリフォニーと前古典期のホモフォニーを土台に、広い音域を上下する音階やアルペジオ、連続的に交差する左右の手、アチャカトゥーラによる鋭い響きの和音などとともに、流麗な主旋律が美しく浮かび上がっているのが特徴である。


ページの先頭に戻る

このサイトについての情報