株式会社ヤマハミュージックメディアトップ


トップ > 作曲家 > ムツィオ・クレメンティ

ムツィオ・クレメンティ
Muzio Clementi

ムツィオ・クレメンティ

1752~1832 イタリア人 イギリスに没す 古典期 作曲家 ピアニスト 教育家

イタリーの銀細工師の家に生まれたクレメンティは幼少から音楽の才能を示し、7歳でコルディチェリからオルガンと通奏低音奏法を学び、9歳で教会のオルガン奏者を務め、12歳のときにはオラトリオやミサを書き人々を驚かせた。その後、クレメンティはP.ベックフォード(イギリスの文化人)のすすめで1766年にイギリスに渡り、7年間勉強し、73年に21歳でピアニスト/作曲家としてロンドンでデビューを果し、センセーションを起こした。77~80年はロンドンでイタリア・オペラのハープシコード奏者を務め、80~82年はパリ、ストラスブール、ミュンヘン、ウィーンなどヨーロッパ各地を演奏旅行で歩いたが、ウィーンでは皇帝ヨゼフ二世の前でモーツァルトと競演したという有名な話が残っている。82年にロンドンに戻ったクレメンティは20年間、ピアノ教師、作曲家、演奏家、出版社、ピアノ製造者として余裕のある生活を送り、1802年には弟子のJ.フィールドとロシアに演奏旅行をし、熱狂的な歓迎を受けた。その後、クレメンティは一時イタリアに帰ったが、10年からはロンドンに落ち着き、音楽出版業、ピアノ製造業に専心するかたわら作曲を続けた。門下からはクラーマー、マイヤベーア、モシュレスといった優秀な音楽家が出ている。クレメンティの傑作は100曲から成る練習曲集「グラドゥス・アド・パルナッスム」(17、19、26年)、64曲の「ピアノ・ソナタ」、ピアノ学習用の「ソナチネ」であり、いずれも古典期の機能和声による調和のとれた作品になっている。


全12件

# 曲名 レベル 試聴
1 ソナチネ ハ長調 Op.36 No.1 [3] 中級1
再生
volume
2 ソナチネ ト長調 Op.36 No.2 [3] 中級1
再生
volume
3 ソナチネ ハ長調 Op.36 No.3 [3] 中級1
再生
volume
4 ソナチネ ヘ長調 Op.36 No.4 [3] 中級1
再生
volume
5 ソナチネ ト長調 Op.36 No.5 [3] 中級1
再生
volume
6 ソナチネ ニ長調 Op.36 No.6 [2] 中級1
再生
volume
7 ソナチネ ニ長調 Op.37 No.2 [2] 中級2
再生
volume
8 ソナチネ ト長調 Op.38 No.1 [2] 中級1
再生
volume
9 ソナチネ 変ロ長調 Op.38 No.2 [2] 中級1
再生
volume
10 ソナチネ ヘ長調 Op.38 No.3 [2] 中級1
再生
volume
11 ソナタ ト長調 WoO.14 [2] 上級1
再生
volume
12 ソナタ ヘ短調 Op.13 No.6 [3] 上級2
再生
volume

全12件

ページの先頭に戻る

このサイトについての情報