元ビートルズ リンゴ・スター 監督作品
Ringo Starr Marc Bolan Elton John

左からリンゴ・スター、マーク・ボラン、エルトン・ジョン

Marc Bolan & T.Rex(マーク・ボラン&T.レックス) born to boogie(ボーン・トゥ・ブギー)

  • ★T.レックスの一番輝いていた時代を捉えた映画作品『ボーン・トゥ・ブギー』
  • ★初ブルーレイ化!圧倒的にクリアーになった映像と、DTS-HD音声仕様でステレオ、サラウンドともに大迫力のサウンドを実現!
  • ★新装版DVDにもアップル・スタジオでのセッションの未発表映像などを追加。ウェンブリーのステージは昼・夜 両公演を収録。T.レックスの貴重なライヴ・ステージをたっぷり楽しめる映像作品!
  • ★【ブルーレイ】【2DVD】【2CD】に【7インチレコード】(未発表音源収録)を収納した日本のみの【デラックス・エディション(ボックス仕様)】も500セット限定でリリース!

「マーク・ボラン&T.レックス/ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・モーション・ピクチャー」とは?〜

アルバム『電気の武者』、シングル「ホット・ラヴ」「ゲット・イット・オン」が英国ナンバーワンに輝いた1972年。
リンゴ・スターからは「ビートルズを超えた!」と絶賛され、音楽だけでなくファッションにおいても絶大な影響を及ぼし、
一躍グラム・ロックの担い手となったそのムーヴメントは“Tレクスタシ―”とも謳われた、T.レックスの一番輝いていた時代を捉えた映画作品がこの『ボーン・トゥ・ブギー』。
バンドの中心はヴォーカリスト/ギタリストのマーク・ボラン。稀代のカリスマでありデヴィッド・ボウイと並ぶグラム・ロックの象徴だ。

アップル・フィルムズの製作でリンゴ・スターが監督、T.レックスやデヴィッド・ボウイを手掛けたトニー・ビスコンティが音楽のプロデュースを務め公開当時大きな話題となった。
72年3月18日ロンドン、ウェンブリー・プールで行われた熱狂のライヴ映像と、リンゴ・スターやエルトン・ジョンとのスタジオでのセッション、マーク・ボランにスポットを当てたシュールなシーンなどを挿入し出来上がった伝説のロック・フィルム!

Special Movie

Trailer / トレイラー

Telegram Sam / テレグラム・サム

 

Jeepster / ジープスター

商品情報

★伝説のフィルム『ボーン・トゥ・ブギー』初のブルーレイ化★

★【2DVD】【ブルーレイ】には未発表となる映像アーカイブを、CDには初登場となる音源を加えリマスター/レストアされた新装版★

★原盤元/レーベル側の意向により【2DVD】と【ブルーレイ】にはそれぞれ異なったボーナス映像が収録されており、
その異なる全ての映像・音源を網羅できる日本のみの【デラックス・エディション(ボックス仕様)】も500セット限定でリリース★


マーク・ボラン&T.レックス/ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・モーション・ピクチャー
Marc Bolan & T.Rex/Born To Boogie - The Motion Picture

  • Blu-Ray 日本語字幕付 5,000円(本体価格)+税  YMXA-10662
  • 2DVD 日本語字幕付 4,700円(本体価格)+税  YMBA-10660/1
  • 2CD 3,200円(本体価格)+税  YMCP-10043/4
  • デラックス 【500セット限定】 日本語字幕付 13,000円(本体価格)+税 YMXA-10663/8

2016/7/6発売  →詳しくはこちら

2DVDとブルーレイ迷ったら?

『ボーン・トゥ・ブギー』本編(約61分)とフル・ライヴ『マチネー・ショウ <昼公演>(約50分)』はどちらにも収録!

■2DVD(DVD1:全175分 DVD2:全153分):
フル・ライヴ『イヴニング・ショウ <夜公演>(約64分)』を収録。
さらに、マーク・ボランの息子”ローラン”によるトニー・ビスコンティやバンドメンバーへのインタビューで構成された コズミック・ドキュメンタリーなどが全コンテンツフル収録。
他にも「テレグラム・サム」のPV2016年ヴァージョンなど
詳細比較はコチラ
全てを見たい方は2DVD!
■ブルーレイ(全196分):
『イヴニング・ショウ <夜公演>』とコズミック・ドキュメンタリーなど各種コンテンツを見やすく50分程度に特別編集した プレミアバージョン(約50分)として収録。
さらに綺麗な画質と高音質でコンパクトに見たい方はブルーレイ!

爆音上映 Born to boogie マークボラン&T.レックス

<『ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・モーション・ピクチャー』新装版発売記念 爆音上映会>

【東京】大盛況のうちに終了いたしました!

7月4日(月)

上映内容:
ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・モーション・ピクチャー:約1時間2分
1972年 ウェンブリー マチネー・ショウ(昼公演):約1時間4分
 開 場:
19時00分 開演:19時30分〜
 会 場:
渋谷クラブクアトロ:http://www.club-quattro.com
 料 金:
前売2,000円(入場時別途ドリンク代500円/整理番号付/全自由)
*チケット詳細はウドー音楽事務所HPにてご確認ください。
ウドー音楽事務所:http://udo.jp/Event/BAKUON/MarcBolanTRex/index.html

【神戸】大盛況のうちに終了いたしました!

7月18日(月祝)

上映内容:
ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・モーション・ピクチャー:約1時間2分
 開 場:
10時50分 開演:11時00分〜
「爆音映画祭 in 神戸」にて特別1回上映
 会 場:
神戸アートビレッジセンター B1F KAVCシアター
 料 金:
当日 1,500円(整理番号付き) KAVC会員 1,300円
前売 1,300円 (各回限定 50枚 整理番号付き e+のみで販売)
*チケット詳細は神戸アートビレッジセンターHPにてご確認ください。
神戸アートビレッジセンターHP:http://kavccinema.jp/lineup/6445

【シネ・ロック・フェスティバル2016 丸の内ピカデリー】大盛況のうちに終了いたしました!

7月29日(金)

上映内容:
ボーン・トゥ・ブギー 〜 ザ・モーション・ピクチャー:約1時間2分
 開 演:
13時10分
 会 場:
丸の内ピカデリー
 料 金:
2,500円
*チケット詳細はシネ・ロック・フェスティバル2016HPにてご確認ください。
http://www.cinerockfes.com/ticket
【爆音上映とは】
通常の映画用の音響セッティングではなく、音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、 大音響の中で映画を見・聴く試みです。
その爆音によって視覚までもが変容して映画そのものも違って見える。
大音響でなければ聴こえてこない幽かな音を聴くという、大胆かつ繊細な上映となります。
<お問い合わせ>
株式会社ヤマハミュージックメディア
出版部 音楽・映像チーム
TEL:03-6894-0288
http://www.ymm.co.jp/musicvisual/